受け取りと返却について

成田空港で借りれるお得なWiFiレンタルショップ一覧

成田空港で借りれるお得なWiFiレンタルショップ一覧

受け取りと返却について



WiFiレンタルサービスを利用すると、ほとんどの場合郵送によって受け取り、返却を行うことになります。

店舗で直接受け取り・契約ができるショップもありますが、数が非常に少なく、空港内にカウンターを構えるような店舗だと、料金が倍近くかかってしまうこともあります。

そのためよほど緊急でない方は、通常のレンタル店で予約を行うことをオススメします。しかし初めての利用ですと、どのように受け取り・返却が行われるのか、不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

レンタル店は数多くありますが、どこも基本的な手順は同じなので、当ページを参考にご確認下さい。

▼受け取り手順


配送は基本的に、ゆうぱっく・クロネコヤマトの60サイズ前後で行われます。多くの店舗では時間帯指定ができるので、選択した日時に配送業者が来るのを待ちましょう。

荷物を受け取ったら、すぐに箱を開けて内容物を確認しましょう。多くのレンタル店では、契約書と一緒に同梱品一覧を記載した書類が封入されています。

内容物が全て揃っていないか確認し、万が一足りないものがあるようであれば、早急にショップに連絡しましょう。

▼返却手順


レンタル期間が終了し、返却時にはレンタル品を梱包し送り返す必要があります。

梱包前にレンタル品が全て揃っているか確認しましょう。USBケーブル・ACアダプターを私物と入れ間違えてしまう、WiFiルーターが入っていた専用ポーチ・説明書を入れ忘れてしまう。

などといったことがよくあるため、充分に一点一点確認しながら梱包を行いましょう。

返却用の封筒をルーターと一緒に送るレンタル店も多く、その場合は梱包資材を自ら揃える必要はありません。

下記は多くのお店で用いられている、レターパックライトです。こちらを利用する場合、送り主と宛先の名前を記載し、ポストに投函するだけで返却となります。切手などを貼る必要はありません。

画像参照:日本郵便

トラブルを避けるために、返却前に配送番号を控えておくようにしましょう。レターパックの場合、封筒の表に番号が印刷されたシールが張ってあるため、剥がして保管しておきましょう。

レンタル店に到着後、確認のメールが来るのでそちらを持って返却完了となります。

▼まとめ

多くの店舗では、受け取り・返却が最小限にシンプル化されており、初めてでも迷うことはないかと思います。

しかし、返却漏れや返却方法を誤ったがゆえに延滞してしまった、などというトラブルは思いの外多くあります。

場合によっては追加料金が発生してしまうこともあるため、自分だけは大丈夫などと油断せずに、借り物を扱っているという意識で慎重に行いましょう。