各サービス、キャリアの通信制限一覧

成田空港で借りれるお得なWiFiレンタルショップ一覧

成田空港で借りれるお得なWiFiレンタルショップ一覧

各サービス、キャリアの通信制限一覧(国内用・海外用)

各サービス、キャリアごとの通信制限の一覧です。各社それぞれ通信量の制限を行っていますので制限量に気を付けて使うようにしましょう。

通信制限一覧(国内用)

イーモバイル

【通信制限(LTE回線)】
24時間ごとの利用通信量が300万パケット(約366MB)を超えると当日21時から翌日2時まで制限かかる場合あり
当月の利用通信量が10GB以上で当月1ヶ月間制限かかる場合あり

【通信制限(3G回線)】
24時間ごとの利用通信量が300万パケット(約366MB)を超えるとで当日21時から翌日2時まで制限かかる場合あり

【その他の制限】
P2P(Peer to Peer)通信方式を用いたファイル交換や一部のオンラインゲームは利用不可

【解説】
イーモバイルの通信制限は2種類あり、直近24時間の通信料が300万パケットを超えると、当日21時~翌日2時までの間で通信制限が行われます。また、同月内で10GB以上の通信を行うと、その月が終わるまで通信制限が行われます。
ただ、規定では上記のようになっていますが、通信量が数値を超えた時点で必ず制限が行われるわけではなく、周辺の利用状況等により通信制限がかからない場合もあります。

WiMAX

【通信制限】
無し

【解説】
WiMAXには通信制限がありません。通信制限が無いことを強みとしており、WiMAXのホームページでも大きく宣伝されています。通信制限を気にせず思いっきり使いたい方はWiMAXを選ぶ方がいいかもしれません。

ドコモ

【通信制限(LTE Xi)】
当日を含む直近3日間の利用通信量が約300万パケットを超えると制限有り
当月の利用通信量が7GB以上で当月1ヶ月間

【通信制限(3G回線)】
当日を含む直近3日間の利用通信量が約300万パケットを超えると制限有り

【解説】
ドコモもイーモバイルと同じように直近の利用量と月毎の利用量で通信制限がかかりますが、イーモバイルと比べて許容量が少ないのでより通信制限にかかりやすいと言えそうです。多くの通信を行う方にはあまり向いていないキャリアかもしれません。

通信制限一覧(海外用)

エクスモバイル

【通信制限】
当日を含む直近3日間のパケット通信量が約400MBを超えた場合、利用制限を行う場合あり。
動画等ストリーミング・VOIP・FTP・オンラインゲーム・iCloud等のクラウドサービスなど、負担の大きな通信について、通信利用制限を行う場合あり

【解説】
海外WiFiレンタルサービスのエクスモバイルでは、フェアユーセジポリシーという公平公正な通信の利用を担保するための制限を行っており、当日を含む直近3日間のパケット通信量が約400MBを超えた場合に通信制限がかかる場合があります。一人の人が多くの通信を行って他の方の通信に悪影響が出ることを防ぐための措置です。

イモトのWiFi

【通信制限】
当日を含む直近3日間のパケット通信量が約400MBを超えた場合、利用制限を行う場合あり(一例)。
動画ストリーミング・オンラインゲーム・VOIP・FTP等負担の大きな通信は、利用制限を行う場合あり。
その他、各国によって通信制限がかかる場合あり

【解説】
イモトのWiFiにもフェアユーセジポリシーがあり、「すべてのお客様に公平公正な通信の利用を担保するため、ご利用になる通信会社の政策もしくは弊社の判断により、申込者または利用者がWiFiルーター等通信機器で過大かつ過剰なインターネット通信(当日を含む直近3日間のパケット通信量が400MB以上)を行った場合、利用中断または利用制限を行うことがあります。また、WiFiルーター等通信機器を経由して動画等ストリーミング・VOIP・FTPオンラインゲームなど負担の大きなインターネット通信について、通信プロトコルにより利用制限を行う場合があります。」と明記されています。

国内で制限を気にせず使いたいならWiMAX

国内で通信制限を気にせず使いたいなら通信制限の無いWiMAX機種がおすすめです。その他のキャリアは通信制限があるので動画などの大容量通信には向きません。ただ、対応エリアは若干狭いので、通信制限を気にするほど使わないというのであればイーモバイルがおすすめです。

海外用WiFiは使いすぎに注意

海外用WiFiルーターのサービスはどこもフェアユーセジポリシーというものが規約に書かれており、3日間の通信料が400MBを超えると通信制限がかかる場合があります。また、それを無視して使ったり動画やゲームなどの大容量通信ばかり行っていると、後から使った分だけ追加請求が来てしまう場合もあります。海外でのWiFiルーターの利用はメールやウェブの閲覧など、常識的な通信量に留めておきましょう。